「メイリオ」をブログのフォントとして指定する

「メイリオ」をブログのフォントとして指定するこのブログを構築する際に、初めて試みた事がある。

それは、CSSでにフォントの指定に「メイリオ」を加えたことだ。

今まで構築した他のサイトでは、その様な事をした経験が無かったが、最近は、フォントとして「メイリオ」を指定しているサイトも増えて来た。

「メイリオ」とは、Windows Vista以降のマイクロソフトのOSに標準搭載されている日本語ゴシック体フォントで、可読性の高い美しい書体が特徴である。

下に様々なフォントサイズでの表示例を上げる。

メイリオ 書体例

このフォントは、ClearTypeの使用が前提となっており、アンチエイリアスを効かせることで滑らかな書体を実現している。

逆にアンチエイリアスが効かない環境では、美しさが失われる。

特にフォントサイズが小さい場合に不利になるだろう。

「メイリオ」はマイクロソフトのOS、しかもVista以降で標準搭載されたフォントであるため、MacやUnix系のOSの場合は勿論、Windows XPなどの古いOSには標準では搭載されておらず、「メイリオ」の恩恵は受けられない。

当然、CSSには、別のフォントも指定してある。

しかし、英数字も含む「メイリオ」を最も優先順位が高いフォントとして指定してあるため、「メイリオ」を搭載したPCであれば、英数字も「メイリオ」で表示されている筈だ。

アルファベットなどは、英文フォントで表示したいならば、本来は「メイリオ」より先に「Arial」などを指定すべきであろう。

Windos 7、Windows Vistaユーザーでなければ恩恵がない「メイリオ」ではあるが、もし、OSがWindows XPならば救いがある。

マイクロソフトは、Windows XP用の「メイリオ」を無償提供している。

インストールしていないなら、この機会に、ぜひ、試して欲しい。

Windows XP 向け ClearType 対応日本語フォント

個人的には「メイリオ」が好きなので、CSSで「メイリオ」を指定しているサイトが増えると有難い。

・補足

日本語サイトの場合、最近は、以下のようにCSSで設定している。

* { font-family: "Hiragino Kaku Gothic Pro", "ヒラギノ角ゴ Pro W3", "Meiryo", "メイリオ", "Osaka", "MS PGothic", "MS Pゴシック", sans-serif; }

決まりはないので、好みに応じて設定すれば良い。私の場合、末尾に英文フォントをもう少し付け加える場合もある。

WordPressで構築されたサイトの見ていると、テーマのフォント定義、そのまままのサイトも少なくない。

CSSで日本語フォントが定義されていないと、私のように日本語でないPCを使っている場合、美しくないフォントが使われ見栄えが非常に悪くなる。

WordPressの場合は、「テーマ編集」からスタイルシート内のフォントの定義を修正する。



WordPress, ネット・PC, , Permalink