WordPressのプラグインでデータベースをバックアップ

WordPressのプラグインでデータベースをバックアップ先日、サーバーの移行を行った。

移行と言っても、単に今まで利用していたサービスが無くなるので別のサービスに強制的に移されたと言った方が正解で、特に私の方でする作業はなく、作業は、レンタルサーバー会社任せだった。

とは言え、念のためデータベースのバックアップを取ることにした。

データベースは、WordPressで利用しているだけなのでWordPressのプラグインを使ってバックアップするのが手っ取り早い。

以前から「WP-DB-Backup」をインストールはしていたのだが、全く使っていない。

つまり、あまり褒められたことではないが、今まで一度もデータベースのバックアップをとったことが無かった。

この機会に、バックアップ用のプラグインを再度比較してみた結果、「WP-DBManager」を使うことにした。

WP-DBManager

WP-DBManager」は、GamerZ氏が公開するプラグインで、同氏は「WP-PageNavi」、「WP-Polls」、「WP-PostViews」、「WP-PostRatings」、「WP-DownloadManager」、「WP-UserOnline」、「WP-EMail」、「WP-Print」、「WP-Sticky」と言った人気プラグインの作者でもある。

私自身も「WP-DBManager」の他、「WP-PageNavi」、「WP-DownloadManager」、「WP-PluginsUsed」利用している。

このプラグインは、データベースのバックアップ、リストア、バックアップの定期的な実行、最適化、修復などの機能を持っている。

WP-DBManager メニュー

インストール後、バックアップファイルを格納するディレクトリが外部から参照されないように、同梱の「htaccess.txt」を「.htaccess」にリネームしてアップロードする必要がある。

単に手動でバックアップするだけなら使い方は難しくないはずだ。

バックアップするテーブルを選択するオプションなどはなく、単に実行すればWordPressで使用してるテーブル全体をバックアップしてくれる。

幸いにもリストアを試す機会が無かったので、問題なくバックアップファイルからリストア出来るかは不明だが・・・。

沢山の人気プラグインを公開しているGamerZ氏だが、プラグインの作り方に少し癖がある。

それは、仮に翻訳ファイルがあったとしても、それをダウンロードファイルに同梱していない場合が多い点だ。

「WP-DBManager」も例外ではなく、日本語の翻訳ファイルは用意されているが、

http://plugins.trac.wordpress.org/browser/wp-dbmanager/i18n/

から別途ダウンロードし、「WP-DBManager」のルートディレクトリにアップロードする必要がある。

ちなみにファイル名が「-ja.mo」で終わるファイルが日本語の翻訳ファイルである。

翻訳ファイルの所在については、説明をよく読めば書いてあるのだが、見逃しやすいので注意が必要だ。

同氏の場合は、リポジトリの「branches」の下のディレクトリか、ルートに別のディレクトリを作って、保管されていることが多い。

ただし、翻訳ファイルの多くが、最新のバージョンに完璧に対応している訳ではない。



WordPress, ネット・PC, , , Permalink