「WordPress.com Stats」から「Jetpack by WordPress.com」に移行

「WordPress.com Stats」から「Jetpack by WordPress.com」に移行WordPress.com」が提供するアクセス解析、「WordPress.com Stats」を使用しているが、プラグインの「WordPress.com Stats」をアップデートしたところ、「Jetpack by WordPress.com」をダウンロードを促すメッセージが表示された。

今後、「WordPress.com Stats」を利用する場合は、プラグイン「WordPress.com Stats」に代わって「Jetpack by WordPress.com」を使いなさいと言う趣旨らしい。

「Jetpack by WordPress.com」はインストールし、有効化しただけでは利用することは出来ないが、設定は自体はごく簡単で「WordPress.com」のアカウントでログインするだけで良い。

設定を完了すると、プラグイン「WordPress.com Stats」は自動的に無効化された。

「Jetpack by WordPress.com」を使うことは自体は問題ないのだが、私にとっては不要な機能まで付属している。

  • Twitter Widget・・・ツィートを表示するウィジェット。個人的には不要。
  • WordPress.com Stats・・・アクセス解析。これが必要。
  • Gravatar Hovercards・・・コメントでプロフィールなどを含むホバーカードが表示出来るらしい。個人的には不要。
  • After the Deadline・・・スペル、文法、スタイルのチェックを提供。個人的には不要。
  •  Shortcode Embeds・・・YouTube、Flickrなどのメディアを埋め込めるショートコードを提供する。個人的には不要。
  • LaTex・・・複雑な数学の数式を書くためのマークアップ言語。私とハクション大魔王には不要。
  • Sharedaddy・・・共有サービスらしいが詳細不明。個人的には不要。
  • WP.me Shortlinks・・・URL短縮サービス。個人的には不要。

現時点で「Jetpack by WordPress.com」で提供されるサービスは上記の通りで、全て無料である。

幸い設定画面で、サービス毎に有効化/無効化できるようになっていたので、「WordPress.com Stats」以外の不要なサービスは、無効化した。

「WordPress.com Stats」の画面は、プラグイン「WordPress.com Stats」を使っていた時とは若干違ったものになっている。

JetpackでWordPress.com statを表示

作業を完了したところで、不要になったプラグイン「WordPress.com Stats」を管理画面から削除しようとしたところエラーが発生したが、一応、削除は出来たようだ。



WordPress, ネット・PC, , Permalink