「Ultimate TinyMCE」でWordPressのビジュアルエディターをカスタマイズ

「Ultimate TinyMCE」でWordPressのビジュアルエディターをカスタマイズWordPressのビジュアルエディターのカスタマイズを簡単にするプラグインと言えば、「TinyMCE Advanced」が定番であるが、今回紹介する「Ultimate TinyMCE」もビジュアルエディターのカスタマイズを簡単に行う事ができる優秀なプラグインである。

リリースから間もないが、既に人気プラグインとなっており、「Ultimate TinyMCE」も「TinyMCE Advanced」と並んで定番となりそうである。

「TinyMCE Advanced」が4行にわたって自由にアイコンを配置し、順序の変更や区切りの表示も柔軟に出来るのに対して、「Ultimate TinyMCE」は、デフォルトで表示される2行に加えて3行目、4行目に表示するボタンをチェックボックで選択する仕組みを採用している。

Ultimate TinyMCE 設定画面

順番の変更は出来ない。単に表示/非表示が選べるだけである。

柔軟性を欠くものの、その分気軽さがあり、下記のように簡単にビジュアルエディターにボタンを追加できる。

Ultimate TinyMCE 拡張されたエディター

また、ボタンを追加してくれる以外に、標準のボタンの機能拡張も行なってくれる。

下記は、拡張された「リンクの挿入/編集」ボタンである。

Ultimate TinyMCE 拡張された「リンクの挿入/編集」ボタン

既存のボタンの拡張に関しては、個人的には不要なので、設定画面で選択出来るようになると有難い。

過去のバージョンでは、WordPressのインストールパスによっては、設定画面でアイコンが表示されないバグがあったが、バーッジョン1.5.6以降では、これも解消している。

また、バージョン1.5.7以降は、設定画面の日本語表示にも対応した。

ちなみに「TinyMCE Advanced」と「Ultimate TinyMCE」の共存はできない、エラーになるわけではないが、同時に有効化すると、ボタンの配置は「TinyMCE Advanced」の設定が優先され、一部のボタンは「Ultimate TinyMCE」のものと置き換わる。



WordPress, ネット・PC, , Permalink
  • Spoil

    Ultimate TinyMCE(最新版)をwordpress.orgからダウンロードしたのですが、設定画面が日本語になりません。languageフォルダには日本語ファイルがあります。何か設定が必要でしょうか?

    • RedCocker

      最新のバージョンに対応する日本語ファイルは作っていませんので、日本語で表示されない状態で正常だと思います。
      また、暇を見つけて作りたいと思います。