Google Translate API v1の終了とWordPressの翻訳プラグイン

Google Translate API v1の終了とWordPressの翻訳プラグインGoogleが無料で提供している翻訳サービス「Google 翻訳」大変便利で、広く使われているが、その無料APIである「Google Translate API v1」が残念なことに昨年12月にサービスを終了し、有料の「Google Translate API v2」のみの提供となってしまった。

WordPressの翻訳系プラグインでも広く使われていたAPIであるので、WordPressへの影響は大きく、これを機に開発を終了してしまったプラグインや、公開されてはいるものの動作しないプラグインが出てきている状況である。

実際、私が使っていたWordPressプラグイン「Gtranslate」も「Google Translate API v1」を使っていたため、機能しなくなった。

また、WordPressプラグインではないが、このブログの下に表示される多機能ツールバー「Wibiya」の翻訳サービス「iTranslation」も同様の理由で機能しなくなってしまった。

そのため、代わりのプラグイン、サービスを探す必要が生じた。

APIが公開されている翻訳サービスは数多くあるようであるが、日本語に対応し、対応言語(翻訳可能な言語)が多く、使いやすく、サービスが継続されそうなものとなると殆ど皆無で、「Bing Translator」の「Microsoft Translator API」が良さそうである。

ただし、「Google Translate API v1」と比べると対応言語が37と少ないなど、機能面で見劣りすることは否めないが・・・。

そこで「Microsoft Translator API」をサポートするWordPressプラグインを探してみたが、多くのプラグインが「Google Translate API」を採用しており、予想外に見つからない。

それだけ「Google Translate API」が優れているということだろうが、私が探した範囲では、「Transposh Translation Filter」が、唯一「Microsoft Translator API」を採用し、まともに使えるプラグインだった。

厳密に言えば、「Transposh Translation Filter」は、「Google Translate API」と「Microsoft Translator API」の両方をサポートしており、「Microsoft Translator API」を使うなら、37の言語、日本語を除いて実質36の言語への翻訳が可能である。

設定画面上で、言語の有効化/無効化を行うが、言語と対応するAPIも分かりやすい。

Transposh WordPress Translation 言語の設定

ただし、言語名の表記が、その言語でされているため、何の言語なのか分からないという難点がある。

言語の選択を行うウィジェットを追加できる他、ブラウザの言語に応じて、予め翻訳済みの記事を自動表示するように設定することも出来る。

実際に「WordPressのショートコードAPI」を英語に翻訳してみると・・・

Transposh WordPress Translationで英語に翻訳

本文だけでなく、タイトル、メニューのラベル、カレンダーと言ったかなり細かなところまで翻訳されていることが分かる。

このプラグインの最大の特徴は、「Google Translate API」と「Microsoft Translator API」を利用した自動翻訳機能を備えながらも、サイトの訪問者などに翻訳して貰う機能を備えている点である。

サイトの訪問者は、自動翻訳による訳文に気に入らない部分があれば、そこを簡単に修正することが出来る。

これを利用すれば、人の手による翻訳で翻訳の精度を上げることが出来るが、もっとも、これは訪問者の協力が得られればの話である。

設定にもよるが、自動翻訳、または人の手による翻訳によって作られた訳文はデータベースに保存されるようで、翻訳の度に必ずしもAPIにアクセスするわけではないようである。

設定項目は多く、細かな設定が出来るプラグインであるが、基本的には、最初の「Supported languages」の設定さえ行えば、問題なく使えるはずだ。

ただし、「wp-config.php」で、$_SERVER['HTTP_ACCEPT_LANGUAGE']を使って定数「WPLANG」の設定を振り分けてローケルを切り替えている場合は、「Enable override for default locale」を無効にしないと、管理画面の表示が思わぬ結果になる。

ちなみに、今のところ、WordPressの翻訳系プラグインは選択肢不足の状況にあるので、もし、人気のプラグインを作りたいなら、翻訳系のプラグインは狙い目かもしれない。



WordPress, ネット・PC, , Permalink
  • http://www.japanese-english-translation-service.com/ 英語翻訳

    bing translator 翻訳者は、最高

  • 三浦

    始めまして、Transposhの記事を探していて、たどり着きました。
    記事の内容とは別なのですが、このプラグインを停止したあと、翻訳記事を削除したい場合は、どのようにすれよいかご存知でしょうか?
    もし知っていましたら、ご教授いただけないでしょうか。
    よろしくお願いいたします。