Plugin Directoryの統計情報を記事で表示出来るようにするプラグイン「Plugin Directory Stats」

Plugin Directoryの統計情報を記事で表示出来るようにするプラグイン「Plugin Directory Stats」「WordPress.ORG」の「Plugin Directory」から統計情報を取得し、投稿、固定ページ、ウェイジェットの中で表示できるようにするプラグイン「Plugin Directory Stats」をリリースした。

Ver.0.1 2012/03/05

最新の「Plugin Directory Stats」をダウンロード

「Plugin Directory Stats」は、「Plugin Directory」からダウンロード数などの統計情報を取得し、ショートコードを使ってそれらを投稿、固定ページ、ウェイジェットの中で表示させることができる。

統計情報の取得にAPIと独自の仕組みを利用しているが、どちらもプラグインディレクトリのページをリクエストし、統計情報を取得する仕組みになっている。

つまりは、訪問者には見えない部分で、自サイトのページ以外にプラグインディレクトリのページを閲覧することになるため、サイトのパフォーマンスに少なからず影響を与える。

度が過ぎればWordPress.COMに対しても影響は皆無ではない。

そのため、原則として、プラグインの作者が、自身のプラグインの統計情報を自分のサイトで表示させる用途に向くプラグインである。

ただし、大量のプラグインの統計情報を表示させるような用途には向かない。

プラグインの利用者のサイト、WordPress.COMへの負荷を軽減するため、取得した情報は一定時間(デフォルトで3時間)キャッシュし、頻繁にページのリクエストを発生させない仕様になっている。

そのため表示される統計情報はリアルタイムの情報ではない。

キャッシュする時間を短くすることも出来るが、そもそも、リアルタイム性が重要な情報ではないので、可能な限り長めに設定して欲しい。

なお、統計情報は、プラグイン毎、作者者毎に独立してキャッシュされる仕組みであり、全情報が同時に更新されるとは限らない。

キャッシュの有効時間を過ぎた場合以外にもキャッシュが更新のタイミングがあり、UTCの午前0時(日本時間 午前9時)を過ぎ、日付が変わった後に、このプラグインのショートコードが記述されたページに訪問があった場合にもキャッシュが更新される。

以下は、このプラグインを使って統計情報の表示させた場合の例である。

・特定のプラグインの統計情報

Version: 0.1.4
Last Updated: 2012-05-15 3:15pm GMT
Relase: 2012-03-05
Requires: 2.8
Tested up to: 3.3.2
Downloads: 3,220
Average Rating: /5 ( ratings)

・作者毎のプラグインリスト

  • none
    Downloads: none



WordPress, ネット・PC, 自作アプリ, Permalink