WordPressに「zenback」を導入する

WordPressに「zenback」を導入するzenback」は、自動的に記事を解析し、関連性の高い記事やソーシャルメディアの反応をブログに表示してくれるブログパーツだ。

zenback

「Movable Type」などで知られる「Six apart」が提供している。

今回は、ブログのカスタマイズの一環として、この「zenback」を導入した。

現在、数多くのソーシャルメディア関連のツールが存在するが、その殆どが海外のものであり、必ずしも日本の状況に即したものであるとは言えない。

ソーシャルメディアのシェアにしても、国によって大きな違いがあり、日本も特殊な事情を抱えている。

「mixi」の存在もその1つであるし、日本では「Facebook」のシェアが低いこともそうだ。

対応するソーシャルメディアの数を謳ったツールも少なくないが、これらは、必ずしも使い易いとは言い難い。選択肢が多い分、使い方を誤ると逆効果になる。

その点、「zenback」は、けして高機能とは言えないが、魅力的な機能を提供してくれるツールと言える。

機能的には「LinkWithin」に類似しているが、対応するサービスも日本の事情を意識したものになっているので使い勝手が良い。

まず、「zenback」は、ブログに「ツィート」、「はてなブックマーク」「mixiチェック」、「Evernoteサイトメモリー」、Facebook「いいね!」といったソーシャルボタンを提供してくれる。

ソーシャルボタンについては、正直、強力とは言えないが、あまり数を求めるより、これくらいの方が使い易いかもしれない。

しかし、「zenback」の真骨頂は、ソーシャルボタンではない。

「zenback」は、記事を解析し、

  • 関連キーワード
  • 関連記事
  • 関連リンク
  • Twitter(での言及)
  • はてなブックマーク(への登録)

を自動的に抽出し、一覧表示してくれる。

「関連キーワード」の項目では、記事から主要なキーワードを抽出し、表示する。また、キーワードをクリックすると、そのキーワードを含む「zenback」ユーザーの記事の一覧が表示される。

これは外部へのアクセスを促す機能とも言えるが、逆に言えば、同じキーワードを持つ外部の記事からの訪問を促す機能でもある。

「関連記事」では、自分のブログ内の関連性の高い記事を抽出、一覧表示してくれる。これには、自ブログ内での動きを活性化する効果があるだろう。

「関連リンク」では、関連性のある「zenback」ユーザーの記事を一覧表示してくれる。これは外部へのリンクであるが、自分の記事へのリンクも同様に、どこかの「zenback」ユーザーの記事に表示される可能性がある。

「Twitter」では、記事に対して言及したツィートを一覧表示してくれる。「はてなブックマーク」では、「はてなブックマーク」への登録状況を知ることができる。これらは、記事への反響を知る需要な指標になる。

すべての機能を使うと、ブログパーツとしては、かなり場所を取る類のものになるので、短い記事をたくさん投稿するスタイルでは、アンバランスになるかも知れない。

導入も簡単と言いたいところだが、実は、一癖ある。

「zenback」では、1つのアカウントで、複数のブログ用のコードを発行できるようになっている。

zenback 新規ブログを追加

設定画面も至ってシンプルだ。

zenback 設定

「WordPress」への導入は、単純に、発行されたコードをテンプレートに貼り付けて行う。

※2011/4/17 当ブログで公開中のプラグイン「EZ zenback」を利用すれば、「zenback」の導入が簡単になる。

コードを貼り付ける場所は、使用しているテンプレートやWordPressバージョンによっても異なってくる。

このブログの場合、テンプレートは「2010 Weaver 1.5.4」。コードは「単一記事の投稿(single.php)」というテンプレートに貼り付けた。

<!-- #content -->

の直前に貼り付け、先に導入した「DISQUS」コメントシステムの直後に「zenback」が表示されるようにしている。

もし、コメントより、先に「zenback」配置するなら、

<!-- #nav-below -->

の直後に貼りつけても良い。

以上で、コードは導入できたが、「zenback」を活かすためには、これだけでは不十分で、関連記事の精度を上げる「zenbackタグ」をテンプレートに追加する必要がある。

まず、「単一記事の投稿(single.php)」というテンプレートの

<?php the_title(); ?>

という部分を

<!-- zenback_title_begin --><?php the_title(); ?><!-- zenback_title_end -->

に変更する。

続いて

<?php ttw_the_content_featured_single(); ?>

という部分を

<!-- zenback_body_begin -->
<?php ttw_the_content_featured_single(); ?>
<!-- zenback_body_end -->
<!-- zenback_date  -->

に変更する。

これで作業は完了だが、やや厄介だ。

プラグインの形で導入出来れば有難いところだ。

記事の投稿後、解析が完了し、実際に表示が開始されるまでに若干の時間を要するが、それも許容の範囲だ。

—————————————————————-

・補足1

テーマ「Weaver 1.7」でも、「単一記事の投稿(single.php)」の同様の場所にコードを貼り付ける。

「zenbackタグ」の追加は、

<!-- zenback_title_begin --><?php weaver_post_title(true); ?><!-- zenback_title_end -->

<!-- zenback_body_begin -->
<?php weaver_the_content_featured_single(); ?>
<!-- zenback_body_end -->
<!-- zenback_date  -->

と言った具合になる。

・補足2

テーマ「Weaver 2.0」を例に説明するが、「<!– zenback_title_begin –>」と「<!– zenback_title_end –>」タグの挿入場所は、「単一記事の投稿(single.php)」よりも、「テーマのための関数(functions.php)」に、下記の例の様に挿入した方が、余分な<a>タグを除外でき、純粋にタイトルのみがマークアップされるため、精度上も良いと思われる。

<a href="<?php the_permalink(); ?>" title="<?php printf( esc_attr__( 'Permalink to %s', WEAVER_TRANS ),
the_title_attribute( 'echo=0' ) ); ?>" rel="bookmark"><!-- zenback_title_begin --><?php the_title(); ?><!-- zenback_title_end --></a>

上記の場合、意図しないページにもタグが挿入されるため、あまり良くないかもしれない。



WordPress, ネット・PC, , , , , , Permalink