Category Archives: 自作アプリ

EZ zenback バージョン1.5.2 リリース

「EZ zenback バージョン1.5.2」をリリースした。 最新の「EZ zenback」をダウンロードする このバージョンから新しい書式のzenbackタグをサポートした。 「EZ zenback」は任意のコード(JavaScript等)をWordPressが生成するHTMLソースに追加して書き出す機能があるが、ユーザーがネットで公開されているコードを盲目的に入力し、そのコードが悪意のあるものであれば最悪の結果を招く恐れがあるため、簡単なセキュリティチェックを行っている。 そのチェックが機能が新しいzenbackタグを拒絶してしまっていた。

Posted in PHP, WordPress, 自作アプリ | Tagged , , | Leave a comment

Disqus Comment System for EZ zenback Ver. 2.74 modified 1.0 リリース

「Disqus Comment System for EZ zenback Ver. 2.74 modified 1.0」を公開した。 最新の「Disqus Comment System for EZ zenback」をダウンロード 「Disqus Comment System for EZ zenback Ver. 2.74 modified 1.0」は、「EZ zenback」との併用が前提となっているので、これ単体では使用しないこと。

Posted in WordPress, ネット・PC, 自作アプリ | Tagged , , , | Leave a comment

Disqus Comment System for EZ zenback Ver. 2.73 modified 1.1 リリース

「Disqus Comment System for EZ zenback Ver. 2.73 modified 1.1」を公開した。 最新の「Disqus Comment System for EZ zenback」をダウンロード 実は、前日にリリースした「Disqus Comment System for EZ zenback Ver. 2.73 modified 1.0」の公開作業でミスをしてしまい、「Disqus Comment System 2.73」そのものをアップロードしていまっていたようだ。 ご迷惑をお掛けしました。 「Disqus Comment System for EZ zenback Ver. 2.73 modified 1.1」は、「EZ zenback」との併用が前提となっているので、これ単体では使用しないこと。

Posted in WordPress, ネット・PC, 自作アプリ | Tagged , , , | Leave a comment

Plugin Directoryの統計情報を記事で表示出来るようにするプラグイン「Plugin Directory Stats」

「WordPress.ORG」の「Plugin Directory」から統計情報を取得し、投稿、固定ページ、ウェイジェットの中で表示できるようにするプラグイン「Plugin Directory Stats」をリリースした。 最新の「Plugin Directory Stats」をダウンロード 「Plugin Directory Stats」は、「Plugin Directory」からダウンロード数などの統計情報を取得し、ショートコードを使ってそれらを投稿、固定ページ、ウェイジェットの中で表示させることができる。 統計情報の取得にAPIと独自の仕組みを利用しているが、どちらもプラグインディレクトリのページをリクエストし、統計情報を取得する仕組みになっている。 つまりは、訪問者には見えない部分で、自サイトのページ以外にプラグインディレクトリのページを閲覧することになるため、サイトのパフォーマンスに少なからず影響を与える。 度が過ぎればWordPress.COMに対しても影響は皆無ではない。 そのため、原則として、プラグインの作者が、自身のプラグインの統計情報を自分のサイトで表示させる用途に向くプラグインである。 ただし、大量のプラグインの統計情報を表示させるような用途には向かない。 プラグインの利用者のサイト、WordPress.COMへの負荷を軽減するため、取得した情報は一定時間(デフォルトで3時間)キャッシュし、頻繁にページのリクエストを発生させない仕様になっている。 そのため表示される統計情報はリアルタイムの情報ではない。 キャッシュする時間を短くすることも出来るが、そもそも、リアルタイム性が重要な情報ではないので、可能な限り長めに設定して欲しい。 なお、統計情報は、プラグイン毎、作者者毎に独立してキャッシュされる仕組みであり、全情報が同時に更新されるとは限らない。 キャッシュの有効時間を過ぎた場合以外にもキャッシュが更新のタイミングがあり、UTCの午前0時(日本時間 午前9時)を過ぎ、日付が変わった後に、このプラグインのショートコードが記述されたページに訪問があった場合にもキャッシュが更新される。 以下は、このプラグインを使って統計情報の表示させた場合の例である。 ・特定のプラグインの統計情報 ・作者毎のプラグインリスト

Posted in WordPress, ネット・PC, 自作アプリ | Tagged , | Leave a comment

POST2PDF Converter バージョン0.4 リリース

WordPressの投稿や固定ページをPDF形式でダウンロード出来るようにするプラグイン「POST2PDF Converter バージョン0.4」をリリースした。 最新の「POST2PDF Converter」をダウンロード バージョン0.4では、作成されたPDFをキャッシュする機能を追加した。 過去のバージョンでは、ダウンロードリンクがクリックされる度に、PDFへの変換処理を行う仕様であったが、新しく追加されたキャッシュを有効にすることで、一度変換が行われた投稿に関しては変換を行わず、キャッシュからダウンロードされるようになり、サーバーの負荷が軽減されるようになった。 キャッシュの保持期間の設定は出来ず、無制限であるが、記事の内容が変更された場合は、更新後の最初ダウンロードのタイミングで個別にキャッシュは更新され、変更内容がPDFに反映される。 また、設定のリセットを含め、PDFの内容に影響を与える設定変更を行った場合や、キャッシュを無効にした場合には、すべてのキャッシュファイルがクリアされるようになっている。 記事とキャッシュの内容の不一致が起こらないように配慮しており、手動でキャッシュをクリアすることも出来るが、これは殆ど使う必要はないだろう。 記事とキャッシュの不一致が起こると考えられるケースは、直接、データベース上の記事データを変更した場合で、これをダッシュボード上から実行できるプラグインもあるが、通常の仕様の範囲では、まず、記事とキャッシュの不一致は発生しないと考えて良いだろう。 なお、ダッシュボードからプラグインの自動更新を行った場合も、キャッシュはクリアされてしまうため、これを避けたいならば、アップデートの際、手動で上書きインストールを行えば良い。 キャッシュは、「プラグインディレクトリ/post2pdf-converter/pdfs」に格納されている。

Posted in WordPress, ネット・PC, 自作アプリ | Tagged , , , | 5 Comments

Disqus Comment System for EZ zenback Ver. 2.70 modified 2.0 リリース

「Disqus Comment System for EZ zenback Ver. 2.70 modified 2.0」を公開した。 最新の「Disqus Comment System for EZ zenback」をダウンロード このバージョンは、リリース予定の「EZ zenback」(バージョン1.5.2を予定)に対応したバージョンであり、「EZ zenback」のユーザーは、事前にこのバージョンにアップデートして欲しい。 勿論、現行の「EZ zenback バージョン1.5」および過去のリリースも対応している。 「Disqus Comment System for EZ zenback Ver. 2.70 modified 2.0」は、「EZ zenback」との併用が前提となっているので、これ単体では使用しないこと。

Posted in WordPress, ネット・PC, 自作アプリ | Tagged , , , | 1 Comment

POST2PDF Converter バージョン0.3 リリース

WordPressの投稿や固定ページをPDF形式でダウンロード出来るようにするプラグイン「POST2PDF Converter バージョン0.3」をリリースした。 最新の「POST2PDF Converter」をダウンロード 「POST2PDF Converter」は、一度、変換されたPDFを保存せず、ダウンロードリンクがクリックされる度に、新たにPDFへの変換を行う方式を採用しており、この方法は、記事を変更した場合にも、リアルタイムでPDFにも反映されるというメリットがあるが、サーバーに負荷を掛けると言うデメリットもある。 このあたりは次のバージョンでの改善を考えているが、バージョン0.3では、この問題を解決する1つの手段として設定画面上で管理者が手動で記事をPDFに変換し、ダウンロード出来るようにした。 設定画面で作成したPDFファイルに、記事に任意の場所でリンクを貼れば、サーバーに負荷を掛ける事なく、記事をPDF形式でダウンロード出来るようになる。 また、「POST2PDF Converter」がPDF作成のために利用してる「TCPDF」は、PC用のTrueTypeフォントを直接フォントとして使用することが出来ず、予め変換を行う必要があるが、バージョン0.3では、この変換作業を設定画面上で行うこと出来るようになった。 変換できるフォントは、TrueTypeフォント、OpenTypeフォント、Type1フォントなどである。 なお、変換テストは、TrueTypeフォントでしか行なっていない。 TCPDF用フォントへの変換は、プログラムの改変する行為であり、またPDFで使用すると言うことは、広く一般に配布されるドキュメントでフォントを埋め込む事を意味する。 そのため、変換が許されるフォントは、ライセンス上、改変が許され、PDFの埋め込みフォントとして利用でき、作成したPDFの配布が許されているフォントに限られる。 現実的は、オープンソースのフォントや自作のフォントに限られるだろう。 変換後のフォントを再配布する場合も、ラインセンス上、問題がないか確認すること。

Posted in WordPress, ネット・PC, 自作アプリ | Tagged , , , | Leave a comment

CodeMirror for CodeEditor バージョン0.5 リリース

「CodeMirror for CodeEditor バージョン0.5」をリリースした。 最新の「CodeMirror for CodeEditor」をダウンロード バージョン0.5では内包する「CodeMirror」ライブラリをアップデートしている。 新機能としては、タブをマーカーで表示して、タブによるインデントを見えるようにする機能が追加された。 また、検索、置換機能が新しくなり、キー操作によって必要な時だけ表示するタイプに変わった。 そのためツールバーは、以前のバージョンに比べてすっきりしている。 例えば、検索機能は、CtrlとFキーの同時押しで起動する。(または、CmdとFキー) その他の操作は下記の通り。 下候補:CtrlとGキーを同時に押す。(または、CmdとGキー) 上候補:Shift、CtrlとGキーを同時に押す。(または、Shift、CmdとGキー) 置換:Shift、CtrlとFキーを同時に押す。(または、Cmd、OptionとFキー) 全置換:Shift、CtrlとRキーを同時に押す。(または、Shift、Cmd、OptionとFキー) ただし、フルスクリーンモードでは、検索、置換機能が使えなくなった。

Posted in WordPress, ネット・PC, 自作アプリ | Tagged , , , | Leave a comment

EZ zenback バージョン1.5 リリース

「EZ zenback バージョン1.5」をリリースした。 最新の「EZ zenback」をダウンロードする バージョン1.5では、zenbackを表示させる手段として、ショートコードをサポートした。 書式:[zenback] 上記のショートコードは、投稿や固定ページの本文で使うことが出来る。 ショートコードを使えば、投稿や固定ページの任意の場所で、zenbackを表示させる事ができ、特定の投稿や固定ページのみでzenbackを表示させたい場合も、ショートコードを使うことで対応できる。

Posted in WordPress, ネット・PC, 自作アプリ | Tagged , , | Leave a comment

POST2PDF Converter バージョン0.2 リリース

WordPressの投稿や固定ページをPDF形式でダウンロード出来るようにするプラグイン「POST2PDF Converter バージョン0.2」をリリースした。 最新の「POST2PDF Converter」をダウンロード バージョン0.2では、ショートコードをサポートし、ショートコードを使って、投稿や固定ページの任意の場所にPDFのダウンロードリンクを追加できるようにしている。 書式:[pdf]PDF形式でダウンロード[/pdf] ショートコードを使えば、特定のページのみPDF形式でのダウンロードを許可すると言ったことが出来る。 また、様々な属性をサポートしており、ページごとに言語やフォントやロゴを変えたり、投稿IDを指定して、別のページをPDFとしてダウンロードさせることも可能だ。 書式:[pdf id="1643" lang="jpn" file="id" font="cid0jp" monospaced="cid0jp" fontsize="11" subsetting="1" ratio="1.35" header="1" logo="1" logo_file="my_logo.png" logo_width="45" wrap_title="1" footer="1" filters="1" shortcode="1" ffamily="0"]Click here to get a PDF[/pdf] また、このバージョンからは、本文末に署名を表示できるようになった。 任意のテキストを署名として登録できるので、署名以外に、ラインセンス、メッセージなどの表示にも利用できる。 加えて、引用やソースコードが本文に含まれる場合、それを整形して表示する機能も追加され、PDFに変換された際に見やすくなっている。 WP SyntaxHighlighter、SyntaxHighlighter Evolved、Syntax Highlighter for WordPress、Syntax Highlighter CompressなどのSyntaxHighlighterベースのプラグイン用に書かれたソースコード、WP-Syntax、CodeColorer、WP-CodeBox、WP-SynHighlightなどのGeSHiベースのプラグイン用に書かれたソースコードがその対象となる。 設定画面の項目も増え、ヘッダー、フッターの表示/非表示、フィルターの有効化/無効化、長いタイトルの折り返しと言った機能を設定できるようになっている。 また、同梱しているTCPDFをバージョン5.9.142にアップデートしている。

Posted in WordPress, ネット・PC, 自作アプリ | Tagged , , , | Leave a comment