TinyMCE Backslash Button

TinyMCE Backslash Button「TinyMCE Backslash Button」は、WordPress用のプラグインです。

The description in English is here.

Click “Download” icon to get the current stable version.

Ver. 0.2.6 サイズ:83.6 kB ダウンロード:684

wordpress.orgのプラグインディレクトリ」からもダウンロードできます。

プラグインディレクトリの統計情報

  • 現行バージョン:0.2.6
  • 最終更新日:2012-02-01 4:37pm GMT
  • 登録日:2011-10-22
  • ダウンロード数:873
  • 評価:/5(人による評価)

WordPressでも標準となっているUTF-8やその他の日本語エンコードの下で、日本語フォントを使用すると「\」は「\」と表示されています。

これは、「\」のASCIIコード「0x5C」が、多くの日本語環境では「\」に割り当てられているためで、そとため日本語フォントでは、「0x5C」は「\」と表示されてしまいます。

また、同様の問題は、韓国語環境でも発生します。(「\」がウォンマークになる。)

「TinyMCE Backslash Button」は、WordPressの標準のビジュアルエディター(TinyMCE)とHTMLエディターに、「\」を入力するためのボタンを追加し、このボタンで入力された「\」は、そのまま「\」として表示されます。

TinyMCE Backslash Buttonのボタン TinyMCE Backslash ButtonのQuicktag

主な機能

  • ボタンで簡単にバックスラッシュを入力。
  • 管理画面やメッセージは、英語と日本語(UTF-8)に対応。

動作環境

  • WordPress バージョン2.8 以上

インストール

「tinymce-backslash-button」フォルダごと「/wp-content/plugins」にアップロードし、WordPessの管理画面から有効化して下さい。

アップデート

WordPressの管理画面で、プラグインを一旦停止し、インストールと同様の手順でプラグインファイルを上書した後、再度、プラグインを有効化して下さい。

アンインストール

WordPressの管理画面でプラグインを停止した後、削除を実行。

使い方

標準のビジュアルエディター(TinyMCE)またはHTMLエディターに追加されたボタンをクリックして、「\」を記事の任意の場所に入力します。

設定

WordPressの管理画面の「設定」の中の「TinyMCE Backslash」という項目で行います。

注意

このプラグインは、「\」に欧文フォントを割り当てることで、本来は「\」となるところを「\」として表示させています。

「Courier New」、「Courier」、「monospace」フォントのいずれもインストールされていない環境では、「\」と表示される可能性があります。

殆どのサイトの訪問者のPCで「\」と表示されるかもしれませんが、全てのサイトの訪問者のPC上で「\」と表示されるとは限らないという点にご注意下さい。

また、PC以外の情報端末(携帯電話、ダブレット端末)では、テストしていません。

新履歴とダウンロード

2012/2/2 TinyMCE Backslash Button 0.2.6 リリース ZIP形式 サイズ:83.6 kB

  • bloginfo()の誤った使用を修正。
  • textdomainの記述抜けを修正。
  • 将来、「SyntaxHighlighter TinyMCE Button」と競合する可能性がある関数名を修正。

2011/11/16 TinyMCE Backslash Button 0.2.5 リリース ZIP形式 サイズ:83.37 kB

  • WordPress 3.3に対応するため、クイックタグの処理を変更。
  • クイックタグをコメントの編集画面に追加。

2011/11/3 TinyMCE Backslash Button 0.2 リリース ZIP形式 サイズ:83.17 kB

  • HTMLエディターにバックスラッシュを入力するボタンを追加。
  • コードをクラス化。

2011/10/22 TinyMCE Backslash Button 0.1 リリース ZIP形式 サイズ:71.44 kB

ライセンス

GPL v2

所謂、オープンソースのフリーソフトです。

サポート

特にサポートは提供していません。利用は、自己責任でお願いします。

バグ報告や要望などは、メールフォームからどうぞ。