Tag Archives: コメント

高度なコメントサービス、「DISQUS」をWordPressに導入する

このブログでは、万年筆や革製品などの私にとって愛おしいモノたち、こだわりの製品、優れたツールなどについて語って行こうと思う。 新規にブログを立ち上げるにあたって、今回は「WordPress」を選択した。 以前は、「Movable Type」なども使ったことがあったが、今更「Movable Type」でもないし、使った事がないものを使ってみたかったという気持ちも、「WordPress」の選択を促した。 「WordPress」は、SQLサーバーが必須となり、多少の面倒もあるが、殆どのレンタルサーバーが、SQLサーバーを標準機能として備えているので問題ない。 「WordPress」と言えども、素の状態での利用は厳しい。色々とカスタマイズが必要になるが、ソーシャルメディアを意識したカスタマイズを行いたいと考えていた。 また、以前から、どうしても導入したかったサービスがあった。 それが「DISQUS」である。 「DISQUS」は、ブログのコメント機能にあたる部分のみを提供しており、「WordPress」にも導入できる。 自身が管理する複数のブログやHP上に投稿されたコメントを独立して一元管理できると言うサイト運営上のメリットもあるが、「DISQUS」の場合、コメントする側にとっても同様のメリットがある。 他のブログに投稿したコメントも、そのブログへアクセスすること無く、「DISQUS」上で一元管理できるのである。 「DISCUS」によって提供されるコメント欄では、「DISCUS」アカウントでログインしてコメントする以外に、Twitter、Facebook、OpenID、Yahoo!のアカウントでもログインが許されている。 勿論、ゲストとしてコメントを投稿を許すことも出来るが、登録ユーザーとして投稿した方が色々と面白い。 登録ユーザーのプロフィールでは、「フォロー」機能が提供されている他、自身のTwitterやFacebookのIDなども表示され、従来のブログのコメント欄とは比較にならない程、投稿者の顔が見えてくる。(当然、これを嫌う方も少なくないだろうが・・・。) TwitterやFacebookのアカウントを持っているなら、コメントを共有することも可能だ。その他のサービスとの連携も出来る。 「DISQUS」では、登録ユーザー同士で、ちょっとしたソーシャルネットワークが構築できる仕組みになっている。 ユーザー同士のコミュニケーションを意識してか、返信が分かりやすいスレッド型のコメント欄を採用しており、Ajaxを用いることで、コメント投稿時にページの再読込が発生せず、スムーズは投稿が可能となっている。 特徴やメリットをまとめてみた。 (投稿されたもの、投稿したものを含めて)複数のサイトのコメントが一元管理できる。 様々なサービスのアカウントでログイン出来る。 外部サービスとの連携。 投稿者同士でソーシャルネットワークの構築ができる。 ブログやサイトではなく、むしろコメントの投稿者に光を当てるシステムになっている。 ゲスト投稿を許可することで、従来の様な匿名性の高い投稿も可能。 これだけ面白そうな「DISQUS」を使わない手はない。 ただし、問題もある。「DISQUS」が提供するコメント欄自体は、日本語に対応しているが、その管理画面が日本語に対応していない。 英語の画面を見ながら、登録、設定、管理を行うことになる。 「DISQUS」のアカウントを作成したら、プロフィールの設定で、「DISQUS」と連携する外部サービスを設定しておくと便利だ。TwitterとFacebookでは、コメントを共有できる。 アバターも登録しておいた方が良いだろう。 プロフィールの設定は、主として投稿者としての設定になるが、自身のブログやサイトのコメント欄の設定も必要になる。 サイトの設定で重要な部分は、「General」というタブに集中している。 出だしに下記のような設定項目がある。 Twitter@Replies・・・コメントをツィートした場合のリプライ先となるTwitter ID。 Disable Like Buttons・・・Likeボタンを表示しない。 Media Attachments・・・画像、動画の添付を許可する。 Trackbacks・・・トラックバック機能を追加する。 Akismet・・・スパムフィルタ「Akimet」を有効にする。要API Key。 Reactions・・・記事への言及を外部サービスから探し、表示する。検索対象のサービスを指定する。 Display login buttons with comment box・・・外部サービスのIDでのログインを許可する。ログインを許可するサービスにチェックする。 Who Can Comment?・・・コメントを許可する条件。「Anyone」の場合、ゲスト投稿が許可される。   下の方を見てゆくと言語とタイムゾーンの設定がある。 更に下には、FacebookのAPI Keyの設定項目がある。 Facebookにログインした状態で、「Click here to get one」をクリックすると、Facebook上で、アプリが自動的に作成され、API Keyが入力される。 作成されたアプリは、下記で参照、修正、削除できる。 http://www.facebook.com/developers/ 以前は、Facebookでのログインを許可する場合の必須入力項目だったが、現在は、自分で作成したアプリを経由させない限りは必要ないのかもしれないが、テストしていないの詳細は分からない。 他にも設定項目はあるが、ここまで設定しておけば、通常は問題ない。 続いて「WordPress」への組み込みを行う必要があるが、「プラグイン」の形で提供されているので、難しくはない。 プラグインは、サイトの管理画面の「Install」からダウンロードできるが、「WordPress」の管理画面から「Disqus Comment System」で検索したほうが早いかもしれない。 プラグインを有効にしたら、後は指示に従って設定すれば良い。 ちなみに、一覧にないサービスや一般のサイトに「DISQUS」を組み込む場合は、「Universal Code」を使うが、コード中の「var disqus_shortname = ‘example’」の「example」をサイト登録時に設定した「short name」で置き換えてから使うこと。 実物が、この記事の直ぐ下に表示されているので、そちらを見て欲しい。

Posted in WordPress, ネット・PC | Tagged , , , , , | 64 Comments