Tag Archives: EZ zenback

EZ zenbackのバグと修正バージョン「Ver.1.1」

ダウンロードして頂いた方には、大変、申し訳ないが、既にアナウンスしている通り、「EZ zenback Ver.1.0」は「zenbackタグ」の挿入に関して問題を抱えていた。 「zenbackタグ」は、「zenback」に対して、どこがタイトルを表し、どこが本文なのかを教えるタグだ。 タイトルと本文の場所を「zenback」が理解することで、逆に、関係のない要素は除外され、解析の精度が上がる。 「zenbackタグ」は、「zenback」の利用に不可欠という訳ではなく、タイトルが見出しとしてマークアップされており、本文にある程度ボリュームを持つ投稿なら「zenbackタグ」が無くとも、「zenback」にきちんと認識されるだろう。 とは言え「zenbackタグ」は無いよりもあった方が良い。 「一般的なテーマでは、投稿本文の直ぐ上にタイトルが表示されているが、「EZ zenback Ver.1.0」では、これを「zenbackタグ」でマークアップしようとしていた。 技術的な話をすれば、「the_title」というフィルターフックを利用して、タイトルの前後に「zenbackタグ」を挿入していたが、「the_title()」という関数は、投稿のタイトル以外の取得にも利用されており、メニューや前後の記事へのリンクなどにも「zenbackタグ」が挿入されてしまうバグが発生していた。 これでは、どれが正しいタイトルなのか分からなくなる。 そこで、今回のリリースでは、記事の上に表示されているタイトルをマークアップするのではなく、新たに「zenbackタグ」でマークアップされたタイトルを追加する仕様に変更した。 「zenback」専用にタイトルを設けるようなイメージになる。 具体的には、以下のようなタグが挿入される。 <span style=”display: none;”><!– zenback_title_begin –>EZ zenbackのバグと修正バージョン「Ver.1.1」<!– zenback_title_end –></span> この場合、 <span style=”display: none;”> としているので、追加したタイトルは、ブラウザ上では見えない。 より正確に言えば、ブラウザ上では、見えないのではなく、「存在しない物」として扱われるので、正しい解釈するブラウザであれば、レイアウト上も問題ないはずだ。 しかし、ソース上には確かに存在するので「zenback」は、これを認識する。 上記の記述でも、「zenback」に正しく認識されることは「zenback」の開発元である「シックス・アパート」にも確認済みであるので、この点は安心して欲しい。 個人的には、問題はないと考えているが、 style=’display:none;’ としている点から、SEO上の問題を懸念する方も少なくないと思うが、その場合は、設定画面で「zenbackタグを追加」を無効にして使って欲しい。 最も、SEOを意識されている方なら「zenbackタグ」など使わなくとも、「zenback」に問題なく認識されるブログを作っておられるだろう。 以上の通り、「Ver.1.0」にはバグがあるため、大変申し訳ないが、「Ver.1.1」へのバージョンアップをお願いしたい。 今回のバージョンアップは、バグ修正が目的だが、設定画面にも若干の修正を加えた。 バージョン1.1は、商標表示の不足ため公開を中止。最新版をダウンロードのこと。 最新の「EZ zenback」をダウンロード ・アップデートの仕方 1.WordPressの管理画面の「プラグイン」の項目で「EZ zenback」を停止する。 2.ダウンロードファイルを解凍し、「ez-zenback」フォルダごと「/wp-content/plugins」にアップロード、全てのファイルを上書きする。 3.WordPressの管理画面の「プラグイン」の項目で「EZ zenback」を有効化する。 ※設定は、バージョンアップ前のものが引き継がれる。 「Disqus Comment System for EZ zenback」を併用してる場合も、同様の手順。 なお、今回は「Disqus Comment System for EZ zenback」のアップデートはない。

Posted in WordPress, ネット・PC, 自作アプリ | Tagged , , , | Leave a comment

「zenback」をWordPressに導入するためのプラグインを作成

ブログパーツなどを追加するためにテーマのテンプレートを変更しているケースが少なくないのだが、テーマをアップデートすると加えた変更は、全て無に帰すため、テーマのアップデートのタイミングで必ず作業が発生する。 頻度は高くないが、これは結構、面倒である。 また、気軽にテーマを変更することも出来ない。 その原因の1つが「zenback」なのだが、「zenback」を導入をプラグインに任せることが出来れば、テンプレートを編集する必要がなくなる。 しかし、そのようなプラグインは、WordPressでは存在していないようなので、自作する事にし、作業を進めてきた。 根本的にPHPが分かっていない事もあるが、このプラグインの作成にはかなり苦労した。 しかも、結論から言えば、自身の要求は全て満たすことが出来なかった。 「zenback」の解析精度を高める「zenback」タグの追加は、WordPressにも比較的に簡単に実装できたが、問題は、「zenback」スクリプトコード本体の追加である。 「zenback」の表示位置としては、コメントの直ぐ上、または直ぐ下が適当だろうと考えたが、そこに追加する手段が見つからなかった。 コメントにどうにかして加えるしかないと考え、その方向で、試行錯誤していたところ「/wp-includes/comment-template.php」の中で「comment_form_after」、「comment_form_before」という、如何にも使えそうなフックを見つけ、調べたところ、ビンゴだった。 これらを使えば、コメント欄の前、または後ろに簡単に「zenback」を挿入できる。 この2つの関数のお陰で、大きく前進した。 そして誕生したWordPress用プラグインが「EZ zenback」である。 ダウンロード出来るように「EZ zenback」を公開したので、WordPressをお使いであれば、ぜひ、試して欲しい。 バージョン1.0は、商標表示の不足のため公開を中止。最新版をダウンロードのこと。 最新の「EZ zenback」をダウンロード しかし、まだ、大きな問題が残っていた。 「EZ zenback」の弱点は、標準のコメントシステムに依存している点である。 しかも、このブログでは、標準のコメントシステムではなく「DISQUS」を利用している。 従って、折角完成させた「EZ zenback」は、このブログでは使えない。 そこで「DISQUS」導入用のプラグイン「Disqus Comment System」を改造して「EZ zenback」に適合させることにした。 テーマの編集を避けるためのプラグイン化であったのに、今度は別のプラグインを弄ることになり、本末転倒である。 テーマの更新が早いか「Disqus Comment System」の更新が早いかで、今後の手間が決まる。 改造を加え「EZ zenback」に対応させた「Disqus Comment System」は、「Disqus Comment System for EZ zenback」の名称で公開した。 最新の「Disqus Comment System for EZ zenback」をダウンロード

Posted in WordPress, ネット・PC, 自作アプリ | Tagged , , , , , , | 4 Comments