Tag Archives: Google

アフィリエイト広告を表示するプラグイン

「アフィリエイト」もブログの醍醐味の1つである。 とは言っても容易に稼げるわけでもなく、取らぬ狸の皮算用は、禁物だが、ブログを継続する励みにはなる。 今回は、アフィリエイトの定番である「Google AdSense」と「Amazonアソシエイト」に便利なプラグインを紹介する。 ・Quick Adsense 「Quick Adsense 1.8.4」は、その名前から「Google AdSense」に特化したプラグインのような印象を受けるが、実際はそうではない。 HTMLやJavaスクリプトを好みの場所に挿入できるツールと考えた方が良いだろう。 設定画面では、投稿本文用とウィジェット用として、ぞれぞれ10種類の広告コードを設定できるようになっている。 広告コードは、「Google AdSense」の管理画面から取得したものを貼り付ける。取得を補助するような機能は備えていない。 そして、「投稿本文の先頭に広告1を表示」と言った要領で、投稿本文内での表示位置とそこに表示する広告を定義して行く。特定の広告を指定せずにランダムに表示することも可能だ。 「Quick Adsense」の優れた点は、投稿本文内での表示位置の選択が細かく出来る点であり、「本文の先頭」、「本文の後ろ」の他、「本文の中」、「段落の後」、「画像の後」といった細かな位置決めが可能となっている。 更に投稿本文内での位置だけでなく、表示するページの選択も細かく、「投稿」、「固定ページ」、「ホームページ」、「カテゴリー」、「アーカイブ」、「タグ」の中から複数選択できる。 欲を言えば、フィードにも対応して欲しいところだ。 最初に書いたが、けして「Google AdSense」に特化したプラグインではないので、挿入するのは「Google AdSense」の広告である必要は全くない。 他のアフィリエイトサービスのものでも問題はないし、ブログツールのJavaスクリプトでも構わない。 工夫次第で、色々と面白い使い方が出来そうだ。 ・WordPress-Amazon-Associate(WordPress Amazon Associate) 「Amazon」のアフィリエイト広告を掲載するためには、「AmazonアソシエイトID」が必要になる。 ところが、この「AmazonアソシエイトID」が厄介で、基本的に国ごとに異なる。 例えば「amazon.co.jp」の商品の広告を出したいなら、日本の「AmazonアソシエイトID」が必要になる。 逆に言えば、Amazon関連のプラグインは、多数、存在するものの全てが無条件に使えるわけではなく、所有している「AmazonアソシエイトID」の「国」に対応しているかが問題にある。 その点、「WordPress-Amazon-Associate 1.5.0」は、柔軟で「アメリカ」、「カナダ」、「中国」、「ドイツ」、「フランス」、「イタリア」、「日本」、「イギリス」の「AmazonアソシエイトID」をサポートしている。 ビジターの訪問元の国をIPアドレスから判断する機能が備わっているので、上記の全ての国の「AmazonアソシエイトID」を同時に使用することも出来るが、どれか1つをメインに設定する必要がある。 1つ面倒なのは、このプラグインの利用には「AmazonアソシエイトID」だけでは不十分であり、「Amazon Web Service」にユーザー登録し、「Access Key(アクセスキー ID)」と「Secret Key(シークレットアクセスキー)」を取得する必要がある事だ。 先に書いたとおり、IPアドレスから訪問元の国を判断する機能があるが、この機能のために「ip2nation」を使用しており、別途、データベースを取得する必要があるが、これは、管理画面から簡単に出来る。 単純な「プロダクトリンク」の他、「くるくるウィジェット」、「お気に入りウィジェット」、「おまかせリンク」、「プロダクトクラウド」、「サーチウィジェット」をサイドメニューなどに簡単に表示できる。 下の例は、おまかせリンク。 ご覧の通り、日本の「Amazon」に問題なく対応しているが、操作メニューや管理メニューは日本語化されていないので注意。 同様に、ビジュアルエディア上のボタンで、記事中にも簡単に広告を挿入できる様になっている。 WordPressのビジュアルエディタは、「iframe」形式のAmazonの広告コードを自動的に削除してしまうが、このボタンで、書き出されるコードは「iframe」形式ではなく、削除されない。 「Amazon」用としては、オススメのプラグインだ。

Posted in WordPress, ネット・PC | Tagged , , , , , | 1 Comment

IE9、Firefox4の登場で、高速ブラウザが揃い踏み

3/15に「Internet Explorer 9」、3/22に「Firefox 4」がリリースされ、主要ブラウザは、全て描画が高速なタイプになった。 ※IE9 日本語版のリリースは、地震を配慮して延期されている。 描画の速さでは「Google Chrome 10」が、一歩先をゆく感じだったが、「IE9」と「Firefox4」がリリースされたことで、シェア争いも激化しそうだ。 では一体、どのブラウザが高速化ということに興味があるかもしれないが、ベンチマークの結果は、他でも公開されているので、そちらを見て欲しい。 そもそも、使うツールによってベンチマークの結果は異なるし、実際の使用に近い負荷テストがされているとは限らない。 以下、主要なブラウザ用ベンチマークを紹介しておく。 Kraken JavaScript Benchmark SunSpider JavaScript Benchmark V8 Benchmark Suite Revisions Peacekeeper 個人的にも、管理下のサイトの表示を確認するために「IE 9」、「Firefox 4」、「Google Chrome 10」、「Safari 5 Win版」、「Opera 11」をインストールして使っているが、パフォーマンスという意味では「IE9」、「Firefox4」、「Google Chrome10」の差は大きくないと思っている。 「Google Chrome」と同じ、レンダリングエンジン「AppleWebKit」を採用している「Safari5」も、パーフォーマンス面では、「Google Chrome」に劣るものの、かなり速い。 「Opera11」に対しても、かなり速い印象を持ってはいるが、「Safari5」同様に、サイトの表示を確認する目的以外に使用しないので、体感的に、どの程度かと言われると判断が難しい。 パフォーマンスという意味では、「IE9」、「Firefox4」、「Google Chrome10」のいずれを選んでも損はないだろう。(勿論、「Safari5」、「Opera11」という選択肢も間違いではない。) 「Firefox4」は、やや起動にもたつく感があるが、許容の範囲だ。 また、今回のバージョンアップで、標準の設定では「IE9」、「Firefox4」共に「Google Chrome」のようにシンプルなナビゲーションインターフェースを採用している。 液晶モニタが主流になってからは、かなり横長のアスペクト比の画面で作業をすることが多くなっているが、この場合、横には広く使えるが、縦が狭い。 しかし、アプリケーションの多くは、縦に見るタイプだ。 ブラウザに限らず、メニューで場所をとってしまうと、メインの表示領域や作業領域がその分狭くなってしまう。 そう言った事を考慮すると、シンプルなナビゲーションは、当然の流れという事になるが、容易にユーザーに受け入れられるかは疑問の余地がある。 実際、シンプルなナビゲーションを逸早く採用し、高速な表示で知られる「Google Chrome」は、急速にシェアを伸ばしたが、IEやFirefoxに迫る程のシェアは獲得してない。 私は、大きな液晶を持つモデルではあるが、ノートパソコンをメインに使っている。 そう言った環境では、「Google Chrome」は、サイトが見やすいと感じたのも事実だ。 とは言え、シンプルなナビゲーションは、1つ流れであるので、これを嫌うユーザーは、ナビゲーションのカスタマイズ性でブラウザを選ぶ事になると思う。 ・Internet Explorer 9 実は、現在も過去もIEが、私のメインブラウザである。 世界中の殆どのサイトは、まず第一にIEにおいての表示を考慮した設計なので、そう言った意味で一日の長があった。 IE9になって、ナビゲーションが大きく変わり、アドレスバー、タブ、アイコンが一列で表示されている。 検索バーは無くなり、アドレスバーがそれを兼ねている。 上に無駄なスペースがあるように見えるが、実際には、他のブラウザと比べても省スペースなデザインで、表示領域を広く取っている。 起動も速く、描画は高速で、パフォーマンス面では、「Firefox4」、「Google Chrome10」と遜色ない。 私のようにIEをメインに使っていた者にとっては、「IE9」は救世主になるだろう。 しかし、1つ残念なことに「Windows XP版」はリリースされない。「Windows Vista」、「Windows 7」ユーザーのみが、その恩恵を受ける事が出来る。 「ALT」キーを押すとメニューが表示されるので、メニューからナビゲーションをカスタマイズし、旧来のインターフェースに近づける事も可能。 ・Firefox 4 Firefoxもナビゲーションが大きく変わった。 アドレスバーの上にタブを配置し、「Google Chrome」に近いレイアウトになっている。(それ以上に「Opera11」に酷似しているが・・・。) 大きな違いは、検索バーがある事と、最上段にメニューにアクセスするアイコンを配している点だ。 「IE9」や「Google Chrome10」と比較すると、起動が遅い印象があるが、全体のパフォーマンスとしては遜色なく、高速である。 「IE9」、特に「Google Chrome10」の大きな違いは、ナビゲーションのカスタマイズ性の高さだ。 自由度が高く、様々なユーザーの要求に応えるられるナビゲーションを提供してくれるだろう。 個人的には「Firefox」を積極的に使う理由は、「Firebug」と言うアドオンのためだった。 機能は劣るが「Google Chrome」にも同等の「Firebug Lite for Google Chrome」がある事を最近知ったので、サブブラウザとして使っている「Google Chrome」に一本化しようと思っていたが、「Firefox4」は、考えを改めさせるに十分な機能を秘めている。 ・Google Chrome 10 「IE9」と「Firefox4」が登場する以前は、高速な描画のブラウザと言えば「Google Chrome」だった。 私の体感では、パフォーマンス面においては、今現在も「Google Chrome」に一日の長があるように感じる。 しかし、その差は特筆するようなレベルではない。 私は、「Google Chrome」をサブブラウザとして使っている。 特定の作業は、全て「Google Chrome」で行っているので、使用頻度も、そう低くはない。 正直、最初はインターフェースに戸惑ったが、慣れてしまえば全く問題はない。 インターフェースのカスタマイズ性は高くないが、ある程度、使いやすい環境は構築できる。 何よりも、他のブラウザと比べて少し、表示領域が広くなっただけで、随分と見やすく感じたものだった。 ツールバーもインストールしてるが、必要に応じて表示するタイプなので、無駄に表示領域を侵食することもない。 「テーマ」という形でスキンも提供されているが、私にとっては、背景は白地が一番なので使ってない。 ・Safari 5(Win版) Safariは、Windowsユーザーにとってはマイナーブラウザーであるかもしれないが、Macユーザーに支えられて、一定のシェアを確保している。 Windows版も提供されており、iPhoneやiPadにも、専用にチューンしたものが搭載されている。 描画も遅くなく、パフォーマンス面は悪くないし、使い勝手も、悪くないが、個人的にはあまり好きにはなれない。 何が、嫌なのか説明するのが難しいが、1つ言えるのは、タブの操作性が今1つで、空の新しいタブを開いたりする操作が面倒だ。 ナビゲーションは、アドレスバーとブックマークバー、タブの3列に見えるが、実際には、複数のタブを開いた場合のみ、タブが表示される。 ブックマークバーを非表示にすれば、他のブラウザと大差ないレイアウトだ。 … 続きを読む →

Posted in ネット・PC | Tagged , , , , , , | Leave a comment