Tag Archives: 海外

海外向けの販売に便利なショッピングカート「Ecwid」

個人的に、仙台在住のデザイナーさんが手がける、手作り手帳の海外向け販売をお手伝いしている。 非常に素晴らしい出来栄えの革の手帳である。 デザイン・ワイ 私は、海外でのマーティングを得意としているわけではないので、残念ながら沢山売れているわけではないのだが、「こんな少ないアクセスでよくも」と思えるほど、コンスタントに売れている。 そもそも、沢山受注しても、手作りなので、注文を処理出来ないのだが・・・。 驚いたことに、非常に高い確率でメール、お手紙、場合によっては、なんと、お礼の品という形でフィードバックが届く。 海外でも非常に高い評価を受けているようだ。 本来のブログのテーマからすれば、この手帳の事を書くべきだが、手帳の話は別の機会に書くことにする。 現在、海外向けの手帳の注文は、メールフォームで受け、折り返し、メールで支払先の「PayPal ID」を連絡する形で対応しているが、使い方が分かり難いという意見があったり、間違った金額を支払われたりすることもある。 また、コンスタントに注文も来るので、出来れば管理上の手作業を減らしたい。 そこで、ショッピングカートを導入しようと、昨年末から、様々なカートをテストしてきた。 その結果、1つのカートに絞ったのだが、それがロシア生まれのショッピングカート「Ecwid」である。 「開発元である「Creative Development LLC」は、「XCART」などのショッピングカートも手がけており、この分野に強い会社のようだ。 「Ecwid」は、サーバーにインストールするタイプではない。また、ホスティング型のサービスでもない。 「JavaScript」で記述されたコードを、自分のサイトに貼りつければ、そのページがショッピングカートになる。 サーバーではなく、ブラウザでの演算に依存する手法なので、理屈的には、「JavaScript」の使用に制限のないホームページ、サーバーなら、場所を選ばず、「Ecwid」を利用出来るのだ。 有料版と無料版が用意されており、無料版でも十分な機能を持っている。 管理機能や受注データの保存は、「Ecwid」サイトのコントロールパネル内で行っているので、ホームページさえあれば、特に追加投資無く、ショッピングサイトを構築する事が可能である。 「Ecwid」の利点としては、 自サイトへの導入が簡単でサーバーに依存しない。 サーバーやサイトの移転の際の作業が簡単。 多言語表示に対応。 たっぷりと画像や動画を使って商品ページの作成が可能。 ダウンロード製品の販売にも対応。 柔軟な配送設定が可能。 柔軟な決済が可能。 決済方法としてPayPal、GoogleCheckoutをサポート。 携帯電話用ページも作成出来る。 Facebookページに、カートを表示させる事が可能。 プラグインを利用してWordPessに表示させる事も可能。 などが上げられる。 しかし、「JavaScript」を利用しているため、スクリプトの読込みにやや時間がかかる印象がある。 また、ページ全体をSSLで暗号化出来ないため、フォームデータの送信に関しても不安があるが、最低限のセキュリティは施されている。 加えて、カートやメールはUTF-8でエンコードされているため、日本の携帯電話では、機種によっては、2バイト文字が文字化けする可能性があるが、海外の携帯電話では問題ない。 「Ecwid」が提供するショッピングカートは、シンプルなデザインで、様々なサイトにマッチする。 デザインが気に入らなければ、CSSでカスタマイズする事も可能だ。 買い物の仕方も、一般的なカートを踏襲したものであり、顧客が使い方に悩むことはないだろう。 技術的にはAjaxが使われており、ページを移動してもページの再読込みが発生しないので、買い物をする側としても楽だ。 携帯電話用のページも用意されているが、フルブラウザでの参照を前提としており、HTMLで記述されている。 画面が小さい携帯電話でも、無理なく表示できるように、横幅が狭く、画像も極力廃したデザインになっている。 ショッピングカートの表示言語は、コントロールパネルから設定出来る。同時に複数の言語が設定でき、顧客のPC環境に合わせて、自動的に表示言語が選択される。 英語の他、ブラジルポルトガル語、ブルガリア語、中国語、クロアチア語、チェコ語、デンマーク語、オランダ語、エストニア語、フランス語、ドイツ語、ギリシャ語、ヘブライ語、ハンガリー語、インドネシア語、ラトビア語、ポーランド語、ルーマニア語、ロシア語、セルビア語、スロベニア語、スペイン語、スウェーデン語、タイ語、ウェールズ語に対応してる。 現時点では日本語には対応していないが、後で述べる通り、将来、対応する可能性もある。 追記:Ecwid 7.0から、ショッピングカートについては日本語での表示に対応。ただし、管理画面のメニューは、日本語表示されない。 多言言語表示と言っても、あくまでショッピングカートの表示言語であり、コントロールパネルの表示言語は英語を基本としている。 しかしながら、テスト段階であるためかスマートなやり方とは言い難いものの、コントロールパネルの表示言語を切り替える事も可能だ。 現状、英語、ロシア語、フランス語、ドイツ語、イタリア語に対応している。 なお、コントロールパネルの言語の切り替え方法については、ナリッジベースの「Backend translations」に記述がある。 「Ecwid」では、ショッピングカート上のラベル(表示)をJavaScriptによって書き換える機能も提供している。また、エンコードがUTF-8であるため、日本語などの2バイト文字での置き換えも可能だ。 このラベルの置き換え機能を利用した、言語インターフェースが、JavaScriptの形でダウンロード出来るようになっている。 How to install other storefront translations? 現状、用意されているJavaScriptは、ノルウェー語、トルコ語、フィンランド語、リトアニア語、イタリア語のもので、画像として表示されるボタンの置き換え方法は、「How can I translate or change buttons?」でまとめられている。 ただし、この手法で言語の変更を行った場合は、コントロールパネルで設定した言語の自動切り替えが無効になる。 つまり、使用したJavaScriptに応じた1言語のみでの表示となり、様々な国に向けの販売には向かない。出来れば、言語の設定はコントロールパネル内で完結させるべきだろう。 また、これらのJavaScriptは、現行バージョン用に作成されたものではなく、置き換えも不完全で、翻訳されないラベルも発生する。 「Ecwid」では、ラベルを置き換えるJavaScriptを簡単に作成できる「Ecwid Translate Tool」を提供しているので、これを利用して翻訳や気に入らない表現の置き換えが可能だが、このJavaScriptの使用は、1言語で運営する場合に限り、有効と言える手段だ。加えて、現行バージョンでは、置き換えが不完全である。 前にも書いた通り、最も良い、言語の設定は、コントロールパネル上で設定することだが、必要とする言語に未対応の場合でも、その気になれば、「Ecwid」から提供されるのを待つ必要はない。 「Ecwid」は、翻訳に関してはボランティアを募集している。 翻訳のやり方は、「How to translate my Ecwid store to a new language?」にある。 また、コントロールパネルの翻訳に関してもボランティアを募集しているが、ラベルなどの情報は公開されていないようなので、興味があれば「Ecwid」にコンタクトしてみるのも良いだろう。 実は、私も、ショッピングカート部分だけではあるが、日本語訳を作成し、「Ecwid」に提出した。次期バージョンで採用される可能性もある。 ファイルは、「Japanese language files」で公開されており、その中の「ecwid-ja.js」を使えば、採用を待たなくとも、日本語化が可能だ。 ただし、間違いがあるかもしれないので、使用に関して何の保証もしない。 「buttons_ja.zip」には、日本語版のボタン、「notifications_ja.zip」には、コントロールパネルの「Mail」で設定するためのメール用メッセージが含まれている。 日本語化した場合でも、住所の入力方法までもが日本風に変わるわけではないので、日本国内向けの販売には不向きだ。 これは、仮にコントロールパネル上で日本語の選択が可能となった場合でも同じこと。あくまで、「Ecwid」における日本語版とは、海外から日本に対して販売を行う場合に便利な機能である。 日本人にとっては、コントロールパネルの日本語訳こそ、一番有益かもしれない。 日本語で管理出来れば、海外向けのショッピングサイトの運営が楽になる。

Posted in WordPress, ネット・PC | Tagged , , , , , , | 1 Comment

多機能ツールバー「Wibiya」をWordPressに導入

「Wibiya」とはブログやHP向けの多機能ツールバーを提供するサービズである。 ブラウザの表示領域の一番下に表示されため、邪魔にならず、最小化することも出来る。 「Wibiya」ツールバーには、様々な機能を追加することができ、サイトに合わせた機能が提供できる。 登録の際に、サイトの言語として日本語を選択できるので、日本語のサイトへの設置にも対応していると思われるが、全ての文字コードで問題ないかは不明。UTF-8でしか試していない。 従来は、ウィジェットの形態や、コードの形態で、個別に追加する必要があった検索機能、メールフォーム、共有ボタン、チャットと言ったアプリケーションを簡単に、一括で追加出来る。 多言語への翻訳アプリケーションも用意されている。 「AddThis」、「ツイート」ボタン、Facebookの「いいね」ボタンなどソーシャルメディアに関連したアプリケーションも豊富だ。 これら豊富なアプリケーションに中から、自分のサイトに適したものを自由に選択できる。 デザインの変更やアプリケーションの追加、設定は管理画面から行う、残念ながら管理画面は日本語化されていない。 管理画面では、統計情報も用意されている。 ただし、統計情報では日本語は文字化けしてしまう。 アプリケーションのラベルや代替テキストは、本来英語だが、殆どのアプリケーションでは管理画面で日本語に変更することも可能だ。 WordPressへの導入は、プラグインを利用して行えるため簡単だ。 「Wibiya」の管理画面からもダウンロードできるが、「Wibiya Toolbar」で検索すると直ぐに見つかる。 ツールバーの追加が完了したら「外観 -> Wibiya Configuration」で「Wibiya Toolbar Path」を入力する。 「Wibiya Toolbar Path」は、「Wibiya」の管理画面の「Edit Toolbar -> Install Again」で、導入先のサービスを選択すると表示される。 「Wibiya」は、豊富な機能を、ブログやHPのデザインを損ねずにスマートに追加できるので、これだけで完結できると言った印象のツールである。 また、これら豊富な機能を一元管理できるというメリットも大きい。

Posted in WordPress, ネット・PC | Tagged , , , , , , | Leave a comment

WordPressに「AddThis」、「AddToAny」、「ShareThis」、「AddClips」を設置する

このブログには、ソーシャルブックマークへ登録や、SNSへの投稿を助けるソーシャルボダンを設置している。 これらのボタンからは、簡単な操作で、ページをブックマークに追加したり、Twitterでつぶやいたり、FacebookのNewsfeedに投稿したり出来るので、ユーザーにとっては利便性が高く、管理者にとっては、ソーシャルメディアを利用したマーケティングの手助けになる。 現在では、ブログに限らず、多くの商用サイトが、この様なソーシャルボタンを設置している。 この記事を書いている段階では、評価中のため、様々なボタンを設置しているが、不要なものは整理する予定だ。 という事で、今回は、ソーシャルボタンについてまとめてみた。 ・AddThis 「AddThis」は、国内のサービスではないが、50以上の言語に対応し、300を超えるサービスに対応している。日本語にも対応しているので、日本語サイトにも導入し易い。 ユーザー登録を行えば、ユーザーの利用状況などを知ることが出来る統計サービスも利用できるが、ソーシャルブックマークなどに登録する際のURLに解析のためのパラメーターを付加するめ、本来のURLで登録できず、あまり好きではない。 逆に、統計が不要なら、ユーザー登録無しで利用できる。 様々なボタンが用意されており、コードの変更によって独自にものを作成する事も可能。コードの発行も簡単だ。 WordPressの場合は、コードを手作業でテーマに追加する必要はなく、「AddThis」というプラグインを追加すれば良い。 管理画面の「プラグイン->新規追加」から「AddThis」で検索すれば、容易にインストールできる。 しかし、このプラグインを利用した場合、ソーシャルブックマークなどに登録する際のURLが、前述のパラメーターが付加されたURLになってしまうため、プラグインの利用はやめ、コードを直接追加する事にした。(新たにリリースされたVer.2.0.0では、usename、passwordが未入力ならURLにパラメーターが付加されない。) メニューのウィジェットにテキストとして追加しただけなので、コードの追加は簡単だった。 記事の中に挿入したい場合は、もう少し複雑になるが、その説明は、別のサービスの解説の中で行う。 「AddThis」では、サービス別のボタンが配置できる他、マウスオーバーで、様々サービスにアクセスできるウインドウが開く。 「もっと見る」をクリックすれば、更に多くのサービスを表示するウインドウを開くことも可能。 対応サービスが多いのが特徴だが、これだけ多いと、逆に使い勝手が悪い。 APIも公開されているので、腕に覚えがあれば、厳選したサービスだけを表示するようなボタンも作成できるが、実際にやっている強者がいた。 AddThis ソーシャルブックマーク登録ボタンのカスタマイズ ・AddToAny 「AddToAny」は、「AddThis」と類似したサービスだ。 対応言語、対応サービスも豊富で、日本語にも対応している。 また、「AddThis」と比較して、表示するサービスの選択が簡単に出来るようになっている。 WordPressには「AddToAny: Share/Bookmark/Email Button」というプラグインが用意されているので、導入には、これを利用すれば簡単だ。 共有ボタンの他、RSS用のボタンも用意されている。 マウスオーバーで開くサービス一覧のウインドウは、タブで分類されているので、多少は、使い勝手が良い。 もっと多くのサービスを表示する場合も、このウインドウで完結でき、新たにウインドウを開く必要もなく、操作性も悪くない。 機能とは関係ないが、アイコンのデザインのせいか、地味に見えるのが玉にキズだ。 ・ShareThis 「ShareThis」も上記2つの類似サービスだが、対応サービスは少なく、日本語にも対応していない。 特徴を上げるなら、他のサービスにはない視覚的効果のあるボタンを持っている事だろう。 と言っても、よく見かけるデザインのものだが、少なくともTwitter、Facebook用の共有ボタンを個別に作成する手間は省ける。 WordPressへの導入は、「ShareThis」というプラグインがあるので、これを利用する。 インターフェース自体は使い勝手が悪い物ではないが、日本語表示ではない。 メニューは日本語で表示されないが、共有操作で、サービスへ渡した日本語が文字化けすることはない、ただし、UTF-8以外の文字コードでは試していないので、SJIS、EUCでは、化ける可能性もある。 ・AddClips 「AddClips」は、国産のサービスであり、対応するサービスも日本で好んで使われるものが選択されており、日本語サイトには使い勝手が良い。 はてなアカウントかLivedoorIDがあれば、統計機能付きのコードも選択できる。 ブックマーク用とRSSリーダー用のボタンが用意されているが、付加する機能は別途設定できるので、いずれを選んでも構わない。 ボタン上をマウスオーバーすることで、サービスの一覧が開く。 ブックマーク、RSSの両方の機能を選んだ場合は、タブで分けて表示されるので、使い勝手は良い。 日本の環境によく適しているので「AddClips」だが、WordPressへの導入は若干面倒である。 プラグインは用意されていないので、テーマのテンプレートにコードを追加する必要がある。 ※2011/4/17 当ブログで公開中のプラグイン「EZ zenback」のHTML、Javaスクリプト機能を利用すれば、コードの追加は簡単になる。 なお、追加位置は、バージョンやテーマによって異なる場合がある。このブログの「2010 Weaver 1.5.4」である。 個別の記事の先頭に表示したい場合は、まず「単一記事の投稿(single.php)」の <?php ttw_the_content_featured_single(); ?> の直前にコードをコピーする。 続いて、トップページやカテゴリ別、日付別などのページでも表示させるために、loop.phpの <?php if ( is_archive() || is_search() ) : // Only display excerpts for archives and search. ?> の直後にコピーする。これで、カテゴリ、日付、タグ別など、記事が省略表示になる画面でも表示される。必要がない場合は省略して構わない。 さらに、もう一箇所 <?php ttw_the_excerpt_featured(‘post-thumbnail’); ?> <!– .entry-summary –> <?php else : ?> の直後にもコピーする。これでトップページなどへ反映される。 「AddClips」以外のサービスで、直接コードを貼り付ける場合も、上記と同様の作業を行えば良い。 ———————————————————— ・補足 テーマ「Weaver 1.7」では、「単一記事の投稿(single.php)」の <?php weaver_the_content_featured_single(); ?> の直前と、loop.phpの <?php weaver_the_excerpt_featured(); ?> と <?php weaver_the_content_featured(); ?> の直前に追加する。 ———————————————————— 4つのサービスを紹介してきたが、個人的には「AddThis」と「AddClips」の印象が良い。 面白ところでは、複数の共有ボタンサービスに対応した「WP Socializer」というプラグインも存在する。 様々なソーシャルボタンの他、「AddThis」の共有ボタン、「Google … 続きを読む →

Posted in WordPress, ネット・PC | Tagged , , , , , , | Leave a comment