Tag Archives: プラグイン

アフィリエイト広告を表示するプラグイン

「アフィリエイト」もブログの醍醐味の1つである。 とは言っても容易に稼げるわけでもなく、取らぬ狸の皮算用は、禁物だが、ブログを継続する励みにはなる。 今回は、アフィリエイトの定番である「Google AdSense」と「Amazonアソシエイト」に便利なプラグインを紹介する。 ・Quick Adsense 「Quick Adsense 1.8.4」は、その名前から「Google AdSense」に特化したプラグインのような印象を受けるが、実際はそうではない。 HTMLやJavaスクリプトを好みの場所に挿入できるツールと考えた方が良いだろう。 設定画面では、投稿本文用とウィジェット用として、ぞれぞれ10種類の広告コードを設定できるようになっている。 広告コードは、「Google AdSense」の管理画面から取得したものを貼り付ける。取得を補助するような機能は備えていない。 そして、「投稿本文の先頭に広告1を表示」と言った要領で、投稿本文内での表示位置とそこに表示する広告を定義して行く。特定の広告を指定せずにランダムに表示することも可能だ。 「Quick Adsense」の優れた点は、投稿本文内での表示位置の選択が細かく出来る点であり、「本文の先頭」、「本文の後ろ」の他、「本文の中」、「段落の後」、「画像の後」といった細かな位置決めが可能となっている。 更に投稿本文内での位置だけでなく、表示するページの選択も細かく、「投稿」、「固定ページ」、「ホームページ」、「カテゴリー」、「アーカイブ」、「タグ」の中から複数選択できる。 欲を言えば、フィードにも対応して欲しいところだ。 最初に書いたが、けして「Google AdSense」に特化したプラグインではないので、挿入するのは「Google AdSense」の広告である必要は全くない。 他のアフィリエイトサービスのものでも問題はないし、ブログツールのJavaスクリプトでも構わない。 工夫次第で、色々と面白い使い方が出来そうだ。 ・WordPress-Amazon-Associate(WordPress Amazon Associate) 「Amazon」のアフィリエイト広告を掲載するためには、「AmazonアソシエイトID」が必要になる。 ところが、この「AmazonアソシエイトID」が厄介で、基本的に国ごとに異なる。 例えば「amazon.co.jp」の商品の広告を出したいなら、日本の「AmazonアソシエイトID」が必要になる。 逆に言えば、Amazon関連のプラグインは、多数、存在するものの全てが無条件に使えるわけではなく、所有している「AmazonアソシエイトID」の「国」に対応しているかが問題にある。 その点、「WordPress-Amazon-Associate 1.5.0」は、柔軟で「アメリカ」、「カナダ」、「中国」、「ドイツ」、「フランス」、「イタリア」、「日本」、「イギリス」の「AmazonアソシエイトID」をサポートしている。 ビジターの訪問元の国をIPアドレスから判断する機能が備わっているので、上記の全ての国の「AmazonアソシエイトID」を同時に使用することも出来るが、どれか1つをメインに設定する必要がある。 1つ面倒なのは、このプラグインの利用には「AmazonアソシエイトID」だけでは不十分であり、「Amazon Web Service」にユーザー登録し、「Access Key(アクセスキー ID)」と「Secret Key(シークレットアクセスキー)」を取得する必要がある事だ。 先に書いたとおり、IPアドレスから訪問元の国を判断する機能があるが、この機能のために「ip2nation」を使用しており、別途、データベースを取得する必要があるが、これは、管理画面から簡単に出来る。 単純な「プロダクトリンク」の他、「くるくるウィジェット」、「お気に入りウィジェット」、「おまかせリンク」、「プロダクトクラウド」、「サーチウィジェット」をサイドメニューなどに簡単に表示できる。 下の例は、おまかせリンク。 ご覧の通り、日本の「Amazon」に問題なく対応しているが、操作メニューや管理メニューは日本語化されていないので注意。 同様に、ビジュアルエディア上のボタンで、記事中にも簡単に広告を挿入できる様になっている。 WordPressのビジュアルエディタは、「iframe」形式のAmazonの広告コードを自動的に削除してしまうが、このボタンで、書き出されるコードは「iframe」形式ではなく、削除されない。 「Amazon」用としては、オススメのプラグインだ。

Posted in WordPress, ネット・PC | Tagged , , , , , | 1 Comment

WordPressの使い勝手が良くなる小粒なプラグイン

今回紹介するツールは、管理者の立場ではなく、ビジターの立場で、WordPressが使い易くなるツールだ。 けして、派手な機能を備えたツールではないが、ぜひ、インストールしておきたい。 ・My Category Order WordPressの欠点の1つが、カテゴリーの順序を変えられない点があげられるが、「My Category Order 3.0.1」は、これを解消してくれる。 多くカテゴリが存在するブログでは、ブログのテーマに沿ったカテゴリー、見てもらいたいカテゴリーを上位に持ってきた方が、場合によっては、ビジターに対して親切かもしれない。 カテゴリーの順序の並べ替えも、ドラッグ&ドロップで出来き、非常に簡単だ。 このブログでは、今のところカテゴリーの数は多く無いので、使ってはいないが、インストールはしている。 将来、きっと役立つだろう。 ・Super Cool QRCode 携帯電話に対応しているならQRコードを表示した方が、ビジターには親切だ。 QRコードを表示するツールは沢山あるが、私は「Super Cool QRCode 0.0.7」を使っている。 サイドバーにウィジェットとして登録するタイプで、設定もウィジェットで行う。 機能的にはQRコードを表示するだけのシンプルなものだが、きちんと、ページ毎に、それぞれのURLのQRコードを自動生成してくれる。 どのページのQRコードも、トップページのURLでは芸がない。 また、QRコードの前後にタグを挿入できるので、ちょっとしたレイアウトも可能だ。 ・WP-PageNavi ブログに限らず、ウェブサイトという物は、ナビゲーションによって使い勝手が大きく左右される。 基本的には、お目当ての記事を如何に早く探せるかと言う点が重要だろう。 しかし、こう言った事は、ブログ内部のナビゲーションよりもGoogleなどの検索エンジンの方が得意かもしれない。 また、明確な目的はなく、面白そうな記事を探してブログを徘徊することもあるが、そう言った時には、ナビゲーションは重要だ。 WordPressに限らず、ブログは、カテゴリー、月別などに分類する機能を持っており、ある程度、記事を絞り込み易くなっている。 しかし、一覧ページでのナビゲーションは様々で、WordPressのように、単に前後のページに移動するリンクを表示するタイプもあれば、各ページのページ番号をリンク表示したり、任意のページを入力して移動できるナビゲーションもある。 当然、自由にページを行き来できる方が便利であるし、「◯◯◯カテゴリの☓ページ目に面白い記事があった」など、ビジター側でも、記事の位置を把握しやすくなる。 それをWordPressで実現してくれるのが「WP-PageNavi 2.74」である。 非常に些細な事だが、随分と使い勝手が変わるはずだ。

Posted in WordPress, ネット・PC | Tagged , | Leave a comment

「zenback」をWordPressに導入するためのプラグインを作成

ブログパーツなどを追加するためにテーマのテンプレートを変更しているケースが少なくないのだが、テーマをアップデートすると加えた変更は、全て無に帰すため、テーマのアップデートのタイミングで必ず作業が発生する。 頻度は高くないが、これは結構、面倒である。 また、気軽にテーマを変更することも出来ない。 その原因の1つが「zenback」なのだが、「zenback」を導入をプラグインに任せることが出来れば、テンプレートを編集する必要がなくなる。 しかし、そのようなプラグインは、WordPressでは存在していないようなので、自作する事にし、作業を進めてきた。 根本的にPHPが分かっていない事もあるが、このプラグインの作成にはかなり苦労した。 しかも、結論から言えば、自身の要求は全て満たすことが出来なかった。 「zenback」の解析精度を高める「zenback」タグの追加は、WordPressにも比較的に簡単に実装できたが、問題は、「zenback」スクリプトコード本体の追加である。 「zenback」の表示位置としては、コメントの直ぐ上、または直ぐ下が適当だろうと考えたが、そこに追加する手段が見つからなかった。 コメントにどうにかして加えるしかないと考え、その方向で、試行錯誤していたところ「/wp-includes/comment-template.php」の中で「comment_form_after」、「comment_form_before」という、如何にも使えそうなフックを見つけ、調べたところ、ビンゴだった。 これらを使えば、コメント欄の前、または後ろに簡単に「zenback」を挿入できる。 この2つの関数のお陰で、大きく前進した。 そして誕生したWordPress用プラグインが「EZ zenback」である。 ダウンロード出来るように「EZ zenback」を公開したので、WordPressをお使いであれば、ぜひ、試して欲しい。 バージョン1.0は、商標表示の不足のため公開を中止。最新版をダウンロードのこと。 最新の「EZ zenback」をダウンロード しかし、まだ、大きな問題が残っていた。 「EZ zenback」の弱点は、標準のコメントシステムに依存している点である。 しかも、このブログでは、標準のコメントシステムではなく「DISQUS」を利用している。 従って、折角完成させた「EZ zenback」は、このブログでは使えない。 そこで「DISQUS」導入用のプラグイン「Disqus Comment System」を改造して「EZ zenback」に適合させることにした。 テーマの編集を避けるためのプラグイン化であったのに、今度は別のプラグインを弄ることになり、本末転倒である。 テーマの更新が早いか「Disqus Comment System」の更新が早いかで、今後の手間が決まる。 改造を加え「EZ zenback」に対応させた「Disqus Comment System」は、「Disqus Comment System for EZ zenback」の名称で公開した。 最新の「Disqus Comment System for EZ zenback」をダウンロード

Posted in WordPress, ネット・PC, 自作アプリ | Tagged , , , , , , | 4 Comments

WordPressを携帯電話対応サイトにする

携帯電話でウェブを参照するユーザーは、けして少なくない。 「WordPress」は、プラグインの導入によって、簡単に携帯電話向けに簡略化されたテーマでの表示が可能になるので、ぜひ、携帯電話に対応させたいところだ。 しかし、一口に携帯電話と言っても様々な種類があり、標準搭載されているブラウザの機能も様々である。 場合によっては別のブラウザを追加インストールしている可能性もある。 携帯電話の場合もPCと同様にその環境は複雑であり、一括りに考えることは出来ない。 ゲーム機などの携帯端末まで考慮すると更に複雑になる。 PCサイトの参照を目的としたフルブラウザで参照しているユーザーに対して、携帯電話向けの簡略されたテーマで表示することが、果たして親切なのか?それともパフォーマンスに優れた携帯電話向けのテーマで表示することが親切なのか? 色々と考え始めるキリがないが、幸いそこまで高度な設定が可能なプラグインを私は知らないので、もう少し、シンプルに考える。 とは言え、かなり複雑である。 基本的には、搭載されている、もしくは使用している可能性があるブラウザによって分類する必要がある。 以下、主な携帯端末のブラウザを分類した。 NTTドコモ iモード iモードブラウザ au Ezweb PCサイトビューアー ソフトバンク Yahoo!ケータイ PCサイトブラウザ ウィルコム Opera NetFront Opera(フルブラウザ) NetFront(フルブラウザ) イー・モバイル NetFornt NetFront(フルブラウザ) Apple Mobile Safari(AppleWebKit系、iPhone、iPad、iPodに搭載) Windows Mobile IE系 NetFront Android AppleWebKit系 BlackBerry ブラウザ不明 Palm OS AppleWebKit系 Symbian OS(ノキアなど) UIQ搭載ブラウザ S60搭載ブラウザ(AppleWebKit系) 任天堂 DS(Opera系?) ソニー PSP その他 Opera Mini 携帯電話への対応は、プラグインで簡単に実現出来るが、一番の問題は、実際に、どの端末で携帯電話用テーマを使って表示されるかの確認である。 ユーザーエージェントを偽装できる「FireFox」のアドオン「User Agent Switcher」や「Google Chrome」のエクステンション「User-Agent Switcher for Chrome」を用いれば、レイアウトの確認までは無理としても、携帯用テーマで表示されるか否かの確認は出来る。 使用する前に、「Options」で、ユーザーエージェントを設置する必要があるが、携帯端末のユーザーエージェントは、「ユーザーエージェント – Wikipedia」「userAgent一覧-ユーザーエージェント一覧」で確認出来る。 追記 携帯電話のブラウザをシュミレーションするFireFox用プラグイン「FireMobileSimulator」が「FireFox4」対応となった。 対応機種は限られるが、こちらの方が実際に近い画面を確認できる。端末の情報さえ得られれば、自身で機種を追加することも可能。 以下、「WordPress」を携帯電話対応にするためのプラグインを紹介する。 ・WPtouch 1.9.25 「WPtouch」は、「WordPress」に標準でインストールされているプラグインで、iPhone、iPod touch、Android、Blackberry Storm、Blackberry Torch、Palm Preやその他タッチタイプパネルの携帯端末を自動的に判別し、専用のテーマでの表示を行う。 Blackberryがリストにあるが、全てのモデルが対象ではない。 ユーザーエージェントを偽装したテストの結果では、対応リストにはないものの、iPadにも対応している様に思われる。 あくまで特定の携帯端末が対象で、日本のものを含めて、一般的な携帯電話には対応していないので、後で述べる「Ktai Style」と併用すると良い。 標準のテーマは、iPhoneアプリを意識したデザインで、見た目も悪くない。 日本語にも対応しており、「Regionalization Settings」を「Japanese」に変更すれば、日本語テーマでの表示になる。 コメントシステムの「DISQUS」にも対応している。 基本的に有効化するだけで使えるが、メールアドレスを公開したくないなら設定で「Enable Email Menu Item (Uses default WordPress admin e-mail)」のチェックを外して置くこと。 設定の「Adsense」に「Adsense ID」を設定できる。 ※「Adsense ID」は、「Adsense」の管理画面右上に表示される「pub」で始まるコード。 「Google Analytics」でアクセス解析を行う場合は、PC用のテーマとは別に、対応が必要。 「Stats & Custom Code」で、「Google Analytics」のトラッキングコードを設定出来るが、携帯電話用のトラッキングコードが設定出来る訳ではない。 ・WordPress Mobile Pack 1.2.4 「WordPress Mobile Pack」は、殆どの携帯端末での表示に対応している。 … 続きを読む →

Posted in WordPress, ネット・PC | Tagged , , , , , , , , , , , | 1 Comment

WordPressにアクセス解析を組み込む

今回は、「WordPress」にアクセス解析を組み込む方法についてまとめてみた。 「WordPress」では、外部のアクセス解析を利用することは勿論の事、様々なアクセス解析がプラグインという形で提供されているのでアクセス解析に関しては困ることはないだろう。 ここでは、「Google Analytics」、「StatPress」系、「WordPress.com Stats」について解説する。 ・Google Analytics ご存知の通り、「Google Analytics」は、Googleが提供するアクセス解析だが、WordPressにも比較的容易に組み込める。 テーマが「Weaver」なら、「外観」->「Weaver Admin」->「Advanced Options」の「<HEAD> Section」にアクセス解析用のコードを追加しても良いし、テンプレート「ヘッダー(header.php)」の「</head>」の前に直接書きこんでも良い。 テーマのバージョンアップでの上書きを避けたいなら、プラグインを利用する方法もある。 私は「Google Analytics for WordPress 4.0.11」を使っているが、真面目に比較して選んだわけではないので、正直、これが優れているかは分からない。 プラグインを利用するメリットは、単にアクセス解析用コードを挿入する以上の機能が利用出来ることにある。 「Google Analytics for WordPress 4.0.11」でも、様々な機能が提供されているようだが、全体は把握してない。 とりあえず、「Track outbound clicks & downloads」という機能を有効にして、外部リンクへのアクセスをイベントとして記録してる。 これを普通にやろうとすると、全てのリンクタグを修正する必要があるので、チェック1つで出来るのはとても便利だ。 「Google Analytics」の欠点は、「WordPress」の管理画面上で、アクセス解析データを参照できない事だが、それを解決するプラグインも沢山存在するので、必要ならばインストールするとよい。 ・StatPress系 「StatPress」と、その派生の「StatPress Reloaded」や「NewStatPress」は、リアルタイムでアクセス解析してくれる優れたプラグンである。 ただし、私は、元祖の「StatPress」は使ったことがない。 「StatPress Reloaded」は、「StatPress」の改良版としてリリースされているが、暫く更新がストップしているので、「StatPress」と比較して、実際のところ、どちらが優れているかは不明だ。 リリースが古いこともあって「StatPress Reloaded 2.7.1」は、ユーザーエージェントの解析に難があり、正しい結果を表示しない。 「NewStatPress 0.1.2」はリリース自体が新しいので、まだまだユーザー自体が少ないが、「StatPress Reloaded 2.7.1」の欠点は、大幅に改善されている。 「StatPress」系は、アクセス記録を、WordPress同様に自サーバーのデータベースに格納するため、データが肥大化した場合は、データを管理画面から削除する必要がある。 「StatPress」系の特徴は、視覚的にも優れていることだ。 ブラウザ、国、リファラなどの情報を見やすく表示してくれる。 「Details」の画面では、表だけでなく、円グラフや地図などを使った表示となるため非常に分かりやすい。 「Spy」では、訪問者毎の詳細を確認できる。 難点は、日本語の一部が化けることだが、視認性を悪くする程ではない。 ※上の画面は、すべて「NewStatPress 0.1.2」のもの。 人気ページやアクセス数を表示するためのウィジェットも備えているので、カウンターを表示したい人には便利だ。 「StatPress」系のプラグインは、共存させることが出来ない。 少なくともインストールは出来るが、有効化出来るのは、いずれか1つのみだ。 私は「StatPress Reloaded 2.7.1」から「NewStatPress 0.1.2」乗り換えたが、まず「StatPress Reloaded 2.7.1」を無効化し、「NewStatPress 0.1.2」を有効化した後に「StatPress Reloaded 2.7.1」を削除した。 アクセス記録は「StatPress Reloaded 2.7.1」から正しく引き継がれたように見える。 管理画面から「NewStatPressUpdate」を実行したが、一応、無事に終了はしたもののエラーが出た。 単純なアップデートではないので、エラーは仕方がないかもしれない。 同系統とは言え、全く別のプラグインなので、データベーステーブルにも相違があるのだろう。 とは言え、一応、正常に動作しているように見えるので、このまま使うことにした。 バグなのか、私の環境に問題があるのか分からないが、「NewStatPress 0.1.2」では、管理画面でフィードへのアクセス数が表示されない。 ただし、「NewStatPressUpdate」を実行すると、フィードへのアクセス数が反映され、そのタイミングでビジターから除外され、その分、ビジターが減る。 「StatPress Reloaded 2.7.1」、「NewStatPress 0.1.2」の解析結果は、Google Analytics」と比較して、ビジター、ページビューなどは、かなり大きな数値になり、閾値や解析方法が異なるように思われる。 とは言え、スパイダーやフィードへのアクセスは別項目で表示され、管理者(登録者)のアクセスも除外でき、ノイズは抑えられている。 ・追記 ※「NewStatPress 0.1.2」における「NewStatPressUpdate」実行時のエラーについては、後日、「MySQLAdmin」にてデータ格納するテーブルを削除した後、プラグイン自体を再インストールしたが、現象は変わらず。 過去の履歴データを失っただけの徒労だった。 フィードが反映されない点に関してだが、データベーステーブルに関して、本家の「StatPress」との互換性を重視したため、若干、設計が異なる「NewStatPress」には、即時に反映されない項目があるのだろうと思う。 フィードを反映するためには、定期的に「NewStatPressUpdate」を実行するしかないようだ。 「StatPress」系としては、「StatPress Visitors」というプラグインも登場している。 詳細表示できる項目は多いが、逆に、見難いと感じたので使っていない。 一部のデータの反映には「NewStatPress」と同様のアップデート操作が必要で、2項目あり、「NewStatPress」よりも煩雑。 ・WordPress.com Stats 「WordPress.com Stats 1.8.1」は、日本語での画面表示にも対応したアクセス解析プラグインである。 人気ページやカウンターを表示するウィジェットを追加してくれる「WordPress.com Stats Helper 0.5.5.3」も一緒にインストールしておくと便利だ。 「WordPress.com Stats 1.8.1」は、アクセス記録を、自サイトのデータベースに格納するのではなく、「wordpress.com」のデータベースに格納する。 そのため、データベースを圧迫せず、データベース絡みのパフォーマンス低下が起こらない利点がある。 ただし、このプラグインを利用するためには、API Keyが必要となるので「wordpress.com」で、ユーザー登録を行う必要がある。 API Keyは、ユーザー登録完了後に、送られてくるメールに記載されている。 また、「wordpress.com」にログインした状態で、「WordPress.com … 続きを読む →

Posted in WordPress, ネット・PC | Tagged , , , , , | 2 Comments